家系図作成
家系図の館 
  姓氏・家系・家紋の調べ方   古代豪族の系図   自分のルーツを探す
■ 家系図
 ≫ 日本の家系図
 ≫ 世界の家系図


日本の家系図




織田信長・豊臣秀吉の家系図



織田信長は尾張(愛知県)に生まれました。 すぐとなりの美濃(岐阜)には、斉藤道三という強敵がいました。 信長はかれの娘(濃姫)と結婚し、協力関係を築きます。 その後、信長は近江(滋賀県)を通って京都を制圧しようと考えます。 そこで、妹のお市を近江の支配者である浅井家へと嫁がせました。 こうして京都に入った信長ですが、1582年、「本能寺の変」で明智光秀の謀反にあい、自害します。 信長の覇業を継いで天下を取ったのが、秀吉です。 秀吉は、お市の生んだ子・茶々(淀殿)を側室に向かえます。 このとき二人の間にできた子が秀頼です。 秀吉は死ぬとき、徳川家康に対して「くれぐれも秀頼をたのむ」と言い残しました。 しかし秀頼はその家康によって「大阪の陣」で攻められ、亡くなりました。

織田、豊臣、徳川をすべて結合させた家系図はこちらです。
織田-豊臣-徳川


徳川家の家系図



徳川家の家系図です。赤い数字は徳川15代の将軍の順番です。

織田、豊臣、徳川をすべて結合させた家系図はこちらです。
織田-豊臣-徳川



テンプレート

当サイトはリンクフリーです。